2010年09月04日

ブロッケンマンのアニメ版での扱いがトラウマ(?)

ジャンプアニメのロングラン作品のヒーロー物には大抵多くの弱キャラが存在しますね。敵キャラも含めると無数の弱キャラが存在しますが、正義側で弱いとなるとまあある程度は絞られるかもしれません。

代表的なのはドラゴンボールのヤムチャ辺りは一番有名なのでしょうかね。現在放映中のドラゴンボール改ではほとんどネタキャラ状態で、逆に異常な存在感があって画面に出てくる度に笑いがこみ上げる人もいたようで(笑)。しかしDBくらいに強さがどんどんハイパーインフレ状態になるとヤムチャに限らず初期キャラは悲惨なものですね。ヤムチャよりもっとカマセなキャラも沢山いるんですけどねぇ、初期の天下一武道会で一回戦で負けたかませキャラとかピラフたちが活動してた頃とかその辺はすっかり忘れがちです。ヤムチャはDB世界の強さがどんどんインフレ化していく中で、下手にブルマと関わりを持っていたせいでずっとメインキャラとして主人公たちと関係が切れずに帯同してしまったのが逆にこの悲劇を招いてしまったか。

で、個人的に一番衝撃だったのはキン肉マンのカマセ超人たちで、ほとんど表舞台での活躍すらほとんど無く消えてしまったのも多数いますが、一番思い出すのはやっぱしブロッケンマンです。もちろんブロッケンマンよりマイナーな超人も多数いますし、のちのメインキャラの1人ブロッケンJrの親父ですしラーメンマンと戦ってますから、普通だったらそれなりの重要キャラになりそうなものが、完全なカマセ扱い&悲惨なやられ方だっただけに…。

原作版ではラーメンマンのキャメルクラッチで体を真っ二つにされて、これはこれでグロく悲惨な最期でしたが、私はアニメ版を見たのが先だったので…しかも子供の時にリアルタイムで。

なのでアニメ版での「ラーメンにされて食べられてしまう」という、ある意味原作より酷いトラウマになりそうなやられ方がどうしても印象に残ってしまいました。フザけたようなラーメンマン(一説にはブロッケンマンの毒ガスをくらったせいで狂気状態になったという話はあるらしいものの…)に麺棒でペチャンコにのばされて食べられてしまうブロッケンマンの姿は今考えても…な状態になってしまいます…。



ブロッケンJrはこれでよくラーメンマンを許せたものだと…ラーメンマンのウ○コと化して下水に流されたであろうブロッケンマンに合掌。しかし、そんなラーメンマンがブロッケンJrに対して親父の事は忘れろ!とか偉そうに言うのもアニメ版の流れではなんだかなぁ…(苦笑)。そういえば、キン肉マンも確か途中までブロッケンマンと同じパターンで麺棒でのばされる辺りまでやられたハズなんですが、ラーメンマンがニンニクを入れてしまった為に膨らんで復活したとかそんな展開だった気が。

基本ギャグマンガだからと言ってしまえばそれまでなんですが、一度ブロッケンマンと同じ麺生地状態までさせられてしまったキン肉マンが、ニンニクパワーとは言ってもどうしてそこから元の状態に戻れたのかも謎すぎる…というのは野暮か。

そういえば、ファミコンのキン肉マン(マッスルタッグマッチ)に出てくるのってあれブロッケンJrかと思ってたらブロッケンマンなんですよね…何故だ!?(笑)。

確かによく見ればカラーリングもブロッケンマンですし技も毒ガスでJrじゃないのですが、子供の頃はメイン超人たちに混じってブロッケンJrじゃなくてブロッケンマンが入ってるなんて細かい所まで考えてなかったのでJrだとばかり思って勘違いしていました。

バンダイは一体何を考えてブロッケンマンにしたのだろう…まあ昔にはありがちで深く考えてなかっただけなんじゃないかとは思えますが。

posted by のびんさ at 22:19 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

仮面ライダーW最終回

ダブルの最終回は、フィリップ消滅から1年ほど後という設定での後日話でどのようになるのか注目でしたが、割とうまくまとめてスッキリ終わらせたんじゃないかなと個人的には思いました。最終回のラストの決めゼリフで終わる終わり方はヒーローすぎてベタだと言えばベタなのかもしれませんが、こういう王道な終わり方はヒーローっぽくて良いと思いましたよ。平成ライダーは変化球的な終わり方が多いだけに、なんか久々にヒーローっぽい終わり方を見た感じというか。

ライダーパンチとライダーキックで戦う仮面ライダージョーカーがブラック(無印)みたいでなかなかカッコ良かったですね。一見、映画でディケイドのライドによって分離させられた時のジョーカージョーカーと同じように見えてしまいますが、仮面ライダージョーカーはあれとは別でちゃんとした単体ライダーなんですね。

しかし、主役はフィリップと左だから仕方ないにしても照井はやっぱりこういう展開の最終回ではやはり目立ちませんでしたな…。でもまだ今後いくらでも続編が作れるような終わり方でしたから、映画などでは活躍の場があるのかもしれませんね。ディエンド海東みたいにまさかのスピンオフ主役の映画が作られる事だって今後あるかもしれないですしね。

次の仮面ライダーオーズにも期待したいところです。


posted by のびんさ at 15:40 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

フィリップ消滅

来週最終回の仮面ライダーWですが、フィリップ消滅のシーンは普通の見方であれば泣きのシーンですが見る人によってはホ○…い、いやそれは不謹慎なのでやめるとして(苦笑)。

照井は結局丸焼きになっただけで今回の最終決戦だけに関してはほとんど戦力にならなかったという意味でこのブログで取り上げてもいい域に来てしまいますよ…いやでも、今まではW以上に活躍した回もありましたし最終回では多分何かで挽回するんでしょうからそれはないですが、最終決戦時にピンピン状態で戦いに参加したのに何も出来なかったサブライダーも少ないですからその部分だけだったら資格アリと思ってしまったり。

最終回と言えば予告で翔太郎が死ぬ死ぬ詐欺(?)かのような描写でしたが、多分Wが出る映画とかを冬にもやりそうですしフィリップも含めて復活するラストにするしかないでしょう、とかんぐってしまいまいがちでも最終回は数年後という事にしてしまえば映画も作れてマジ殺しも可能ではありますが…。

ただ、個人的にはジェットマンのガイみたな事を一応子供がメインターゲットの番組でやるのは大反対なので、それは型破りだとはいえやってほしくないしですし、やはり最後はヒーローらしくキメてほしいところです。龍騎も最終回前に一度死んだとはいえ、ラストはああいう結末にして(龍騎以外のライダーもみんな)完全復活したわけですしね。

ダブルは探偵物語をオマージュしている部分があるようですから、探偵物語のラストのように死んだのか死ななかったのかどっちでもアリのような風にしたのをオマージュするシーンを入れたくて、そういうのをやった上でそこから展開、なのかな?まあでも、それ抜きにしてこれだけ人気がある番組で東映商法を考えると完全完結にするとはとても思えないってのはありますが(笑)。何にしても最終回は注目です。ディケイドのラストみたいな全ての謎をそのまま新映画に投げっぱなしENDとかは、さすがに散々批判されたからもうやらないでしょうしね。

そういえば、今日はゴセイジャー(27話)が久々に割と面白かった回だと思いました。毎回これくらいの脚本だったら良かったんですけどねぇ…。ちょうどここから後半ですから、後半に盛り上がりを期待したい所です。

おっと話がそれてしまいましたが、話を戻すとそういえば関西では野球が優先されるか何からしくダブルは遅れ放送にされるらしいですね…。あそこは未だに野球偏重マスゴミが支配する暗黒地域の状態のようで…。ただ、関西の視聴者の方は昔ほど何でもかんでも野球野球と染まっているわけでもなくなってきているらしいですが…関西TV局の方が空気読めていないという事なのでしょうかね。そういえば、昭和の頃は特にゴールデンタイムにやるアニメ特撮は野球が鬼門になるケースもありましたね。特に日テレは酷く、ルパン3世レベルの人気番組でさえ酷い追いやられ方でしたねぇ。

posted by のびんさ at 17:18 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

アタック拳はOPだけなら最強クラス(?)だが…

白黒時代のヒーローで川崎のぼる原作の「アタック拳」という番組がありました。昔、テレビ探偵団などの懐かし番組を取り扱う番組などで取り上げられて、挿入歌の「カレーライスの歌」が気になるとかちょっと話題になったりも(?)したものです。(ちなみに「カレーライスの歌」は主題歌と共にCD化もされています)

主人公のアタック拳こと安宅拳太郎は、普段は移動販売のカレー屋(その屋号はアタック拳ではなくアタック軒だそうで)をやっている正義のスパイ、という設定で強さは格闘の強い並人間の域は出ず変身ヒーローほどの強さは無いとは思われますが…OPでは何十人もの悪人集団と、拳が仲間を乗せて特殊武装ポンコツカーことZ10号で戦うシーンが流れるわけですが、相手は銃を持ってる上に数が圧倒的に多い!

…にも関わらず、OPのラストではその悪人集団を全員ロープで一まとめにして荷台積んでいるという完勝をやってのけています(笑)。一体どういう経緯で銃持った集団に勝った?しかもどうやって全員生け捕りにした?という状態になっており、ある意味ではズバット級のわけのわからない強さである。聞いた事ある人はわかると思いますが、あの能天気な明るい歌(白黒時代のヒーローソングとしては個人的に傑作の部類だと思ってます)が流れる中でソレですから、益々ギャグ性が高まって何でもアリになってしまうのでしょうけども。

で、OPではこんな強さを見せているアタック拳ですが、今ではフィルムが第一話の物しか見つかっていないのだそうで、その第一話のラストでは格闘でちょっとピンチになりかかるような所で二話に続くというような形で1話が終わっている為に、本編のこの回だけ見るとなんか普通に弱いヒーローのように見えてしまいかねないという皮肉。

二話以降の回が紛失していなくてどこかに残ってるなら発掘されるといいんですけど、もう消失しちゃったのでしょうかねぇ。まあ元々全部で14話とかしか無い作品ではあるようなんですけどもね。当時人気があったのか無かったのかは小生の年齢では不明な所です。
posted by のびんさ at 12:09 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ダブルが変身せず

今週の仮面ライダーWは、ダブルがその回の中で変身せずまったく出てこないという回に結果的になっていました。

いろんなヒーロー番組でも、最終回だったりすると戦いが終わった後の後日譚的な場合でそうなるケースもあるとか、あるいはヒーローが最終回前に自爆なり相打ちなりで消えてしまい最終回は主役抜きで話が進むタイプや総集編的にしてしまうケース等を除いて、こういう終盤にきて最終回以外で主役ヒーローが出てこない回ってのも、割と珍しいかもしれないですね。

ただ、アクセルがかませ的な状態になってしまってるのは致し方なしですかね…たらーっ(汗)

サブライダーとしてはそんな弱いわけでもないし割りと活躍の場もあったのですが話の流れ上、ここではこうなってしまいますかね。

posted by のびんさ at 05:53 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

555のデルタに変身した阿部里奈

555は色んな人が色んなライダーに変身していましたが、デルタに変身したものの速攻で蹴散らされた阿部里奈が一番印象に残っています。

三原付きのヒロインとして終盤レギュラーで最後まで出ていましたが、勇ましくデルタに変身しても速攻でああなっちゃうのは女ですし特に戦闘能力があるわけでもないですから仕方ないと言ったところでしょうか。

しかし彼女、あんな短時間とはいえ一回デルタに変身しちゃった影響は無かったんでしょうかね。あそこまで時間が短かったのが逆に幸いしたのでしょうか。
posted by のびんさ at 00:21 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

フィリップの伏線

前回の記事で、仮面ライダーWが個人的にはイマイチ
ぱっとしないと書きましたが、
2クール目に入る所でフィリップの伏線が張られて
「おっ、これはこれから割と期待していいかも?」
と思いました。

14話は、今までWずっと見てきた中で
結構良かった出来だったんじゃないかと個人的には思ってます。

キバの時は、いつか面白くなるかなるかと我慢して見てましたが
2クール目くらいで個人的に視聴の限界が来て見限ってしまいました…
(後半は良くなったという意見もあるようなので、今考えると
我慢して見た方が良かったかもしれないですが。)

どうやらその時のようにはならず、Wは今後も目は通せそうです。
(キバファンの方すいません。あくまで個人的な感想という事です。
フォローすると、キバも劇場版の方に限っては話も悪くなかったと
思ってます。)
posted by のびんさ at 02:00 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

ディケイドの最終回についてとダブルの事

「表現方法として不適切だった」
 ↓
「仮面ライダー」幕切れ、続きは映画なんて…

と今になって言われてもねぇ、という感じですね。

ディケイドそのものは好きですが、例え映画に持ち越すにしても
すぐ公開ならまだしも3ヶ月も間を開けるのはどうかと思います。

その間に新番組のWを放送していったらディケイドでの興奮が
盛り上がっていた所に水を差されるだけなわけで、
真のラストは映画に持ち越すにしてもTVの中だけでも
一応まあここまで見ただけでもそれなりの区切りはあったな、
っていうラストをちゃんと作って見せて欲しかったところです。
(とはいえ、ディケイド好きなので映画が気になるのは悔しいたらーっ(汗)

それにしても、個人的には
Wが滑り出しイマイチぱっとしないのが気がかりです。
話そのものは特別悪くはないと思うのですが個人的に思う難点は、

・バロム1のように2人合体して変身するわけではなく
 フィリップがカゲスターのような抜け殻状態になる為に
 それを起点に話が作れるかわりに今ひとつ爽快感には欠ける
・ストーリーもWの戦闘も、とにかく爽快感が薄い
 Wの半分にズレるキックもなんだかパッとしない気が
・山本ひかる氏(スキャンダルの件は別として)のキャラ設定や
 存在に不快感を感じる人が多そう
・劇中での子供でもわかるようなメモリーの性能についての
 細かい説明は無く、TV本編しか見てないと組み替えによる
 違いなどがわかりづらい

・・・などなど、他にも難点山盛りです。
あと、1話のおやっさん死亡(?)やフィリップとのシーンも
よくわからんままで、映画で誕生秘話をやるのなら
TVではあのシーン自体もやらない方がいいのではないか
とすら思いました。いきなり探偵事務所からのシーンでいいような。
ストロンガーは1話は特に状況説明無しにスタートして
2話で誕生秘話をキッチリ描いていましたが、
ダブルもストロンガーの1話形式で誕生には一切触れないスタート
だった方がすんなり見られたような気は私としてはしております。

フィリップの扱いはカゲスターのオマージュというか
原作の脳になっただけの本郷と一文字のオマージュなのではないか
ともとれるのですが、実際に映像化してみるとあれでは
フィリップはほとんど引きこもりになるだけで現場には
出しづらいわけで、もうちょっと何か工夫しても
いいような気がします。カゲスターの場合は抜け殻を
クローズアップしたのは初期だけでいつのまにか
その事はフェードアウトで抜け殻はどっかいっちゃってましたしね。

まあ何にしてももう少し様子見ですが…。

posted by のびんさ at 09:06 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

仮面ライダーディケイド最終回…なのか!?

いや〜、ビックリしましたねディケイドの最終回あせあせ(飛び散る汗)

一応TV版の中ではそれなりの区切りがつくのかなぁ
と思ってたのですが、ストーリー的にはほとんど
12月の映画にっていうような形でそのまま終わってしまうとは。

賛否両論あるでしょうが、面白いか面白くなかったか
といえば「面白かった」とは言えると思います。

色んな意味でネタを提供してくれたわけですし
新番組のダブルがディケイドまでの世界とも
つながってる事もあり、これも期待です。

さて、このブログ的な注目点としては
モロに昭和的な展開で出てきて、かつ
お約束の弱さであっさりやられた再生怪人軍団でしょう。
平成ではこういうの珍しいですね。

あと、アスム響鬼が「変身!」と叫んで変身したり
響鬼なのにライダーキックで敵倒したり
地味な点で笑えた点もありました。

オンドゥルはなにかにつけて物陰から出てきていましたが
ダディみたいに物陰からジーッと見てたんでしょうか…たらーっ(汗)

カズマの方が消滅していなかったら、ヌッと出てきた
オンドゥルに「ナズェミテルンディス!!」と言って欲しかった(嘘)。



ところで、話はまるっきり変わりますが
今日の選挙にはみんな必ず行ってね!

posted by のびんさ at 08:55 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

まさかのオンドゥル登場!

ディケイド終盤にまさかのオンドゥル登場!ダッシュ(走り出すさま)

しかし、最初から半年予定だったとはいえ
全31話で終わらせちゃうのがもったいない
と思えてしまうディケイドです。

こんな感じだったら個人的には昭和ライダーの世界も
全部まわるくらいやっちゃって1年放映してほしいくらいですが、
まあ仕方ないでしょうか。まあそこまでやったらやったで
勢い落ちる心配もありえますし、盛り上がったまま終わるのもアリか。

新しい仮面ライダーWはキカイダー+バロム1÷2みたいな
感じですが、こちらと並行してでもいいからCSでもソフトでも
いいから個人的にはディケイドも続編作って欲しいくらいです。

電王みたいな感じでもいいからちょくちょくでも
やってくれたら嬉しいですが役者の都合もあるので難しいか。

ただ、Wがディケイドと絡んでいるという事はWには
過去のライダーが出る事も不可能ではない世界なのでしょうか。
何にしても今は今後の放送も楽しみです。

posted by のびんさ at 21:45 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ウルトラマンゼノン

平成のゾフィーor平成のヘタレとも言われる
ウルトラマンゼノン。

ゾフィーよりも悲惨なのは、マックスに出てしまった
キャラである為に他シリーズへの客演による
新ネタ提供がゾフィーより少ないという事でしょうか。

これはネタにされやすいゾフィーよりも
幸なのか不幸なのか…。
posted by のびんさ at 02:47 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

大ショッカー≒中国朝鮮?

フォーティーン編の時も「今の中国みたいだ」と書きましたが
アマゾン編を見てもまるで今の中国みたいに見えてしまいました。
まあ、ライダーだけでなく数々のヒーロー番組の敵組織には
これに類する系統のが元々結構多いというのはありますが…。
(例え脚本家が意識していなくても、悪い組織を描くと
 結果的にそうなってしまう、というケースが多々見られる。)

ブログの本筋から外れますが、ちょっと頭に来たので書かせてください。
(純粋にアニメ特撮の話だけ見たい人は、こういう関係ない話は
見ても不愉快になるかもしれないのでこの記事は飛ばしてください。
すいません。しかも長いです、私一個人の思想もバリバリ丸出しです。
人によっては所々指摘や反論したい部分もあるかもしれません。
単に私の考え方に基づく一方的なグチとして生暖かく是非ご了承を…。)


------------------------------------------------------

知っている中国人がいるのですが、典型的な中国絶対の中華思想
というか盲目的な偏った愛国心のカタマリの人で、中国に関する
批判は例え部分的な「全部が悪いとは言わないけど、
中国のここの点は少なくともちょっとまずい点なんじゃないの?」
程度の事であっても口に出しただけでも激怒し、
中国のする事は100%無条件肯定でそれ以外の事はまくし立てて
怒るだけで聞く耳持たないという感じなのです。

ある意味、あの国の中で小さい頃から外部世界を見ずに育ってきた
人ですから純粋というかある意味かわいそうな人ではあるのですが。

それでこないだその中国人と私と言い合いになったのです。
こちらがいくら事実を具体的に出して「少なくともこれは明らかに
悪い事でしょ?あなたは中国のやったコレは一切悪くないって
本当に言い切れるの?自分の国を本当愛してるなら、悪い事は悪いと
言うべきじゃないの?」と聞いてもキレて否定する一方であり、
まるでマインドコントロールされたカルト宗教信者みたいで
議論そのものが成り立たないのです。

ちなみに、中国による明らかに問題であろう事として挙げたのは
------------------------------------------------------------
1949年 東トルキスタン侵略占領
1950年 大躍進政策、文化大革命、結果3000万人が死亡
1950年 朝鮮戦争参戦
1951年 チベット侵略占領
1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略占領
1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略占領
1989年 天安門事件
1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略占領
1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言(資源があるとわかった途端)
2003年 スーダンのダルフール大虐殺を強力支援
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘
------------------------------------------------------------
などがあったと言われているうち、これらの中から特に確実で酷いもの
(中国政府が身内中国人までも殺した事件、天安門などを中心に)
を例に挙げましたが中国は悪くない悪くないと一方的全否定です。

これ以外にも領海侵入など細かいものや、軍事的な部分ではない
毒餃子事件のような事が起こる病巣、黄砂などの環境問題、
農民と都市で戸籍が違う差別など、他にも問題ありすぎですが
それらまで言える状況にはならなかったので言いませんでしたが。

日本は戦後60年以上自衛隊はたった1人も殺していない中
(これはこれで日本の法問題がありますがそれは置いといて)、
中国は日本が1人も殺していない間に現在進行形でこれほどの事を
してきており、戦争自体がまだ世界で非合法というわけではなかった
戦前ではなく、戦争はしちゃいけないのが世界基準となった戦後の
基準の中でこれほどの事をしてきているのは事実です。

今の基準で考えれば、先の戦争は日本だけではなく全世界の国が
国際法違反と言える事になってしまうものでしょうが、それは
「今の基準に当てはめたらそうなってしまう」という事であり、
もっと言えば世界の歴史上の有名戦士なんかも今の基準に当てはめたら
みんな単なる人殺しになってしまいます。織田信長も劉備もナポレオンも
今の基準だったら単なる大量殺人犯人です(苦笑)。
しかし「当時の基準」ではそうはならないわけです。
今の戦後基準だったら織田信長は万死に値するから信長の子孫は
永久に謝罪せよ!とか言うのは滑稽な事でありましょう。
終戦前は「まだ戦争しても普通の世界基準」だったからともかく
中国は「戦後の世界基準を現在進行形で逸脱してる」から問題なのです。

しかも、これほどの事実があるのに中国の報道局長は
「中国は歴史上、他国を侵略したり、
 他国の領土で殺人・放火をしたことはない」とまで公言する始末。
21世紀にもなって、戦中の大本営発表を見ているかのような大嘘です。

戦後、本来の世界基準ならしなくてもいいような謝罪賠償
まで続けて1人も殺さずペコペコしているおとなしい日本には
偉そうに常にイチャモンつけてくる中国。
しかも日本から莫大なODAを貰っても「評価する」とだけ言い感謝は
しないという態度。これでは日本人の性格と正反対で絶対合いません。

中国以外では韓国・北朝鮮もまったく同じで、よくアジアだアジアだと
言いますが日本に未だにイチャモンをつけてきているのは
このたった3カ国だけなのをマスコミはほとんど指摘しないのも問題。
韓国などは台湾など他の日本支配下にあったアジア諸国よりも
格段に良い待遇(同胞扱い)だったにも関わらずです。今の台湾と
韓国の対日態度を比べると韓国はお話にならない酷さなのは明らかです。

そして中国は「自国防衛の為だ」と言いながら世界トップレベルの
軍事費の伸びをみせいますが、そもそも今、中国の周辺諸国で中国を
実際に攻撃しそうで防衛費を世界一レベルに莫大に使う必要に迫られる
ような国が一体どこにあると言うのでしょう?インドなど核を持ってる
国は確かにありますが実際中国を積極攻撃するような理由のある国は
ありませんし中国も核を持ってるのですから軍事費を「防衛の為」と
言ってここまで加速度的に爆増させているのは明らかに理由が違います。
本当の理由は自国を守る事より周辺諸国や自国に取り込んだ侵略地
(チベットやウイグルなど)を脅す事意外にそうする理由がないわけです。
そもそも、核兵器を持っていない日本や台湾などには
核ミサイルの標準をあわせている中国は矛盾のカタマリとしか言えない。
(日本には東風という広島に落ちたものの数倍の威力のある
核ミサイルが100発前後向けられて
今この瞬間にでも
ボタン1つで日本を完全壊滅させる事さえ可能な状態との事。)

普通に考えれば、マスコミがほとんど伝えないこういう中国の実情を
知った日本人にとってはいい加減あの国には呆れるのではないでしょうか。

中国人ですが中国のおかしさに気が付いて日本で数々の中国関連書籍
を出している石平さん(現在は日本に帰化)という方も一部には
存在しますが、彼のように元中国人が中国に絶望している位です。



今回のマサヒコ君や戦闘員たち、あるいはフォーティーンの世界住人は
フォーティーンのルールに絶対服従で、自由のない見せかけの
平和モドキ世界を見ていたら本当に私とケンカした洗脳された中国人と
かぶって見えましたし、従わない反乱分子を監視や弾圧していて
自由が無い点であるとか、今の共産党政府にプロパガンダ洗脳されて
しまっている中国人の多くが正にこの状態に
なっちゃってるんじゃないかとさえ思えました。

今では日本の1万円にもなっている福澤諭吉が「脱亜論」で
「日本はこのような中華思想の呪縛から未だに逃れられないでいる
悪友の中国・朝鮮とは一切手を切るべき」みたいな事を
100年前に言っていましたが、正にその通りではないでしょうか。
(これは悪口ではなく中国朝鮮の為を思ってあえて言った事だそうですね)

しかし、100年経った今でも中国や朝鮮半島のやっかいな国家や
国民の思想は何も進歩していないと言わざるを得ません。
普通に考えれば福澤諭吉のように絶縁したくもなるでしょう。

そんな彼らが、日本と一番隣接した国であり無視したくても出来ない
のであれば、福澤諭吉のように「彼らが自ら気が付いて変わって
くれるまで言い続けるしかない」わけですが、百年経ってもこの有様で
すから我々が生きているうちに彼らの変化は正直期待出来ないでしょう。
日本に来ていて外から中国を見る事が出来るはずであるはずの
中国人でさえ洗脳から解けない人も多いくらいですから…。

私はこんなふうに育ってしまった中国人と、どうすればなんとか
バランスをとって付き合っていけるのかと考えていたのですが、
さすがにここまで偏っているとだんだんと絶望的になりつつあり…。
福澤諭吉の言うように無理に付き合わず絶交が結局最良なのか?

こちらの心が折れるまでは、例え愛する祖国であろうが
ダメなものはダメだと中立視点で考えられるようになってくれと
説得してみるべきなのか。あるいは、この人はもう一生そういう
思想が変わらないからもうバカなんだと決めてマトモに付き合わない
うようにするしかないのか、様々な考え方が頭をよぎります。

何故、自由に意見してるだけのこっちが1人の相手にこれだけ
頭を悩まされなければならないんだ!と考えるとバカバカしく
もなりますが、私の心がそうさせてしまうのでしょうか。


仮面ライダー555の劇場版ではオルフェノクの人間という異種
のもの同士の共存を目指したような内容でしたが、いかにちょっと
した事があるだけでも崩れやすく難しいかという事も描かれて
いましたよね。結局完全なハッピーエンドとはいかず多くの犠牲が
出た上にその後にも続くような灰色決着だったのを思い出しました。

色々と書いてしまいましたが、本当に悩ましいです。
わからずやとは手を切れば楽にはなる。
しかしそのわからずやは半永久的に近所にいる。
どうバランスを取るのが最善なのだろうかと…。

曲がった国や、その国家に毒されたある意味犠牲者でもある国民を
我々は外から冷静に見る事が出来るからこそ発生する悩みですが、
私とケンカした中国人のような人がいるからといって力で
どちらかが壊滅するまで潰しあうのでは人間ほどの知能のない
動物レベルになってしまうと思うので、人間であるのならば、
またそしてそのような事まで見えるレベルにある人であれば、
ここからどうするのが一番いいのか、私は常々考えてしまいます。

原爆の日のイベントが毎年のように今年も報道されましたが、
もちろん最終的に非核の世界になり平和が来ればベストですが
単に平和平和と念じていても平和はやってきません。

「空手バカ一代」の名セリフにあるように
正義なき力は暴力ですが、力なき正義も無力です。
前者が今の中国朝鮮のようなならず者国家だとすれば、
現在の日本は9条というものに縛られていて後者なのは言わずもがな。

9条というのは、銃持った凶悪犯が罪も無い市民を
無差別殺害していようが丸腰でなんとかしろと言うほどの
現実にそぐわない理想論だけの憲法なわけです。
やめてくださいと言って聞く人しか存在しない
性善説がまかり通る世の中なら全世界に警察はいりません。
そして、話してもわからない悪と「戦力」を使って仕方なく戦っている
大半のヒーロー番組も完全否定されてしまいます(苦笑)。

広島長崎が核やめてくれやめてくれと口でいくら言っても
中国朝鮮ロシアなど日本の周りはどんどん核開発を続け、
インドやパキスタンのように核持ってなかった国も
どんどん核を保有してきてしまっている現実があるわけで、
オバマが核軍縮しようと言った本当の理由もアメリカやロシアが
核をあまりにも持ちすぎて世界経済が悪い状態の今、
お互いに少し減らして核関連費を抑えたいというのが目的であり、
しかも「拡散させない」と言う言葉の真意は、今すでに核保有をしている
国たちが、他の国がどんどん持てば優位性が無くなるわけで
「お前らわかってるな?俺らが有利なんだからもう持つなよ!」
という意味で「拡散防止」と腹黒く言っているのが現実。
しかも、そのついでに平和的なアピールが出来る一石二鳥であるから
あのようにしたのであって(オバマは本人が思ってなかった賞まで貰って
困惑していましたが)、そのような「現実」から目をそむけていていては
平和はもたらされません。

仮面ライダーだって変身してあれだけ戦える戦力があるから
対抗出来るわけですが、もし非暴力で平和だけ訴えても
一発で怪人に殺されて1話で終了です。
北斗の拳でラオウに無抵抗主義で対抗しようとして
壊滅させられた村みたいになるだけです。
ヒーローたちは結局「戦って」でないと平和を勝ち取って
いないわけです。もちろん、説得するだけでやめてくれれば
ベストですが(ヒーロー物で悪側が極端な極悪人でない場合は
そういうラストになる番組もありますが)、現実の北朝鮮
のように言っても聞かないならず者や侵略者とは嫌でも戦わなければ
生き残れないケースだって現実としてあると思います。

拉致事件もおかしな話で、規模を小さく考えれば凄くわかりやすい。
いくら説得しても聞く耳もたない極悪犯人のアジトに人質が取られたら、
普通だったら数日説得してもどうしても聞き入れないのであれば、
警察や被害者に多少犠牲が出る可能性があってでも警察が最終的には
強行突入する事になるのが普通でしょう。その状態のまま何十年も
放置する事はありえません。

しかし、今の日本政府は何十年も経っているのに強行突入もせず、
口で言うだけか悪人の補給ルートの一部を止めるだけで
犯人の要求する莫大な金と引き換えに小出しで極一部の5人だけを
開放しただけにすぎず、すでに何十年も経ってしまっていますので
捕まっている被害者の一部の親はすでに亡くなってしまったり
しています。こんな機能していない警察が世界のどこに存在するので
しょうか。明らかにおかしいと思いますよ。
もちろん、強行突入”しない”というよりは”法により出来ない”
わけなんですけどね。9条及び日本国憲法そのものが
「強行突入しちゃいけない、武器も使っちゃいけない、
全て相手の善意に基づいて解決しましょう」
という、あまりにも非現実的な決まりになっちゃってるわけですしね。
そもそも北朝鮮みたいな国が実際目の前にあるのに相手の善意に基づいて
と書かれている日本国憲法はもう矛盾とか通り越しちゃってますしねぇ。

…と、話が相当ズレた上に長文になってしまいました。
それにしても、私と言い合いをした中国人を見ていると
どうしてこのような偏屈な人が生まれてしまうのだろうと
一方では悲しくもなりましたよ…同じ「人間」であるだけに。
それと同時に、なんだかんだいって自分は日本に生まれて
変な風に育たなくて良かったんだなとも思えました。

世界はまだまだ複雑のようです。

posted by のびんさ at 06:25 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

バイキンマンって

ヒーローじゃないですが、バイキンマンって
あれほどアンパンチを毎回のようにくらっても
大丈夫なのですから相当頑丈なのでは?

…と、ふと思ってしまいました。
戦績で言えば、ほとんど未勝利に近く
負け数が圧倒している割には強いなと。

まあ、それを言ったらタイムボカンシリーズの3悪とか
その手のキャラは大抵そうではありますが…。

それより、食パンマンはドキンちゃんとの絡みで
多少は出番がありますが、カレーパンマンは
意外と見せ場が少ないような気がしないでもない。

顔は目立つので空気って程には感じないのですがね。
冷静に考えてみればカレーパンマンだけが大活躍する
ような状況にはほとんどなってない印象しか無いなぁ。

posted by のびんさ at 23:41 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

ガクトのライダーマン

ディケイドの劇場版でガクトがライダーマンを
演じるそうですね。
果たしてその強さは如何に!?

宣伝映像見る限り見せ場もあるようで
それだけ見ると弱そうには見えませんが、
まあ見てのお楽しみという事でありましょう。


そういえば、ハヌマーンの映画に出た
ライダーマンはメチャメチャ弱かったですね。

まああの映画の場合、色んな意味で
それ以前の問題作ですがたらーっ(汗)
ネタとしてだけならある意味最高ですがねダッシュ(走り出すさま)

posted by のびんさ at 19:56 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

蟹こと仮面ライダーシザース

一部で人気のある(?)蟹こと
仮面ライダーシザースについて。

今までこれをあえて取り上げなかったのは、
「スペックの割には強い」
と思っていたからです。

カードの枚数も少なく持ってるカードのAPも総じて低い、
だがナイトをあと一歩まで追い込むほどの戦いっぷり。
蟹にエサ人間を大量に与えてパワーアップしていたのが効いたらしい。

全ライダー基本装備のアドベントとファイナルベントを除けば
攻撃カードはストライクベント(APたったの1000!)しかない
という悲惨さ。

他にAP2000のガードベントがあるがこれも王蛇のFVを
防ぎきれず無いよりはマシというレベル…。

そして、必殺技FVのシザースアタックでさえAP4000。
オーディンなどはソードベント等でさえ4000である(笑)

しかし、それほどの低スペックにも関わらず
ナイトとあそこまで戦い、TVSPの方では
劇中で語られてない部分で浅倉を逮捕していた
という事で、運さえあれば何度もループしていた
戦いの中で1回くらい最後まで残った事があったのだろうか…。

運良く最後まで残ったとしてもオーディンとは
元々のスペックも違い過ぎるし、蟹刑事は果たして
そこまで見越した上でバトルに参加していたのだろうか。
単に欲望先行でそこまで考えていたかどうかは不明?

しかし、TVSPでも早々に倒され、映画では当然ラスト6人
の段階までは残らず脱落済み、ラストバトルとなったTV版では
おそらく最初に脱落?(ベルデ、ファム、リュウガなども
TV版では主人公たちの関わらない所で脱落したと思われるので
シザースより先か後かは不明の模様ではありますが…
あと関係ないですがDCDの蟹は2代目メフィラス星人のようなセリフ
をはいて中の人が真面目タイプ?になったベルデをハメるとは。)

そういうシザースの運命を見る限り、最後まで残った事の
ある可能性は限りなく低く、神崎は序盤のカマセ犬として
毎回蟹刑事を参加させてたようにも思えてしまいます。

それとも、超運が良いバトルの回があってシザースが
最後まで残ってオーディンにボコられた戦いも存在したのでしょうか?
全ては謎なのでしょうかダッシュ(走り出すさま)

posted by のびんさ at 13:22 | TrackBack(1) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

どのライダーが最強なのか?

RX(とブラック)がディケイド本編にも出ましたが
(しかも演じるのは勿論オリジナルの倉田てつを氏!)
人気のあるライダーだけに一部で「てつを祭り状態」になってますね。

それと同時に、どのライダーが最強なのか?という議論が
各所で今まで以上に色々と言われているようです。

大抵は、RX派とカブト派の言い合いになっているようですが
このブログとはまったく縁遠い内容ですな(苦笑)。

しかし、1号2号も原爆から生還したり各ライダーたちは
色々ありえない事やってますから、バイオライダーや
クロックアップしたカブトでも絶対最強とも言い切れない
のではないかと個人的には思えます。

スカイライダーは劇中で仮面ライダーの強さはみんな同じだ
と言っていましたが、ある意味そういう事なのかもしれませんね。

ただ、どう贔屓目に見てもライダーマンだけは他より
落ちるとは思うんですけどね…プルトンロケットから
結果的に生還したとか耐久力はあるんだ!と主張する人もいますがたらーっ(汗)
posted by のびんさ at 09:34 | TrackBack(1) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

2号の最期?

先週のディケイド、TV欄等のサブタイトルで「2号の最期」とか
書かれていたのでまさかディエンドが兄に?と思ってしまったが
そういう意味ではなかったという事ですか。電王の時なんかも
TV欄等には「キンの最期」とか書かれていた回あったなぁ。

井上脚本になってどうなってしまうのかと思っていましたが、
今回の23話に関しては(細かい所は別として)話のテーマとしては
割と良かったんじゃないかとは個人的に思います。

なんか、今の中国政府とかを間接的に批判してると思えば
なかなかのテーマに思えました(笑)。

さて、次回からはどうなるのかまた楽しみです。
posted by のびんさ at 15:30 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

井上脚本のディケイド…

本筋から外れますが、旅行から帰ってきてやっと見た20話、21話の
井上脚本のディケイド…

案の定と言うか、想像通りに「やっちまった」でしたね。
正直、19話までの流れが台無し…響鬼後半騒ぎの再来?

ギャグが寒いとかは最初から想像していましたが一番許せなかったのは
学校のプレートを盗む話みたいなどうしようもない話を絡めて
そこから感動させたいような展開に持っていった点は個人的には閉口。

キバがあんなにヤバい出来だったんだから
ディケイドには登板しないと思っていたのに…

ディケイド世界の破壊者が井上脚本だったというオチで我慢するしか
ないんでしょうかね。
posted by のびんさ at 23:35 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ディケイドのユウスケクウガ…

どんどんかませ犬みたいになってしまっておりますなぁ…がく〜(落胆した顔)
あのままじゃ悲惨だ、今後ディケイドと共にパワーアップ噂があるようではありますが(しかしそれも色々と…ゴニョゴニョ)。

パラレル響鬼がデビット伊東ってどうかなぁと最初は思ったのですが意外と大丈夫だったですね個人的には。一応、伊達に芸暦は長くないという所でしょうか。

この文書いていて、芸暦って変換する時に最初に「ゲイ暦」って出てしまった自分って…アッー!
posted by のびんさ at 12:01 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ディケイドの映画で

ディケイドの映画で1号からの昭和主役ライダーも全員出る(ライダーマンどころかブラックとRXが同時に出るわ真まで出るわ…)事はすでに明らかになりましたが、やはりどうなるか注目の的ですね。

BLACKとRXはすでに特別版で電王みたいな方式で競演を果たしていますしね、ロボライダーとバイオライダーも全部ひっくるめて…正に「てつを無双」状態で(笑)。今考えるとあれって電王の映画とかで全員そろえる手段としてすでにあそこでやっちゃっていて実は確立されていたとも言えるかもしれないですなぁ。しかもあれは石ノ森氏がまだご存命の頃でRXまでは関わっていたわけですから「電王みたいなのを作られては石ノ森先生が草葉の陰で云々」とか言う人もいるようですが個人的には今もし石ノ森さんが生きていたとしたら電王だって別におかしな存在にはしていないんじゃないかと思うんですよね(石ノ森さんってTV版は結構現場製作に大胆にまかせてくれちゃう事が生前から多かったような気もしますし)。まあ確かに従来の枠組みからする「仮面ライダーか」と言われれば異端かもしれませんが、それを言ったら龍騎とかだってすでにライダーの枠は外れてると思いますしね。

龍騎なんか無理にライダーと冠しなくても新しい単独番組でやった方が色んな意味でよかったのではないかという意見があったようですが、それは私もよくわかります。しかし、ディケイドとかを見ている今になって考えてみると「結果的には無理にでもライダーにしておいてよかったのかも…」と最近ちょっと思うようになりました。龍騎は「ライダーとしてどうか?」は別問題にして単に1つのドラマとして考えれば話は十分面白いと思いますし単独の別番組としてやっていても十分成功は収めたかもしれませんが、ライダーというブランドに入っている事によって今でも度々取り上げられ、ディケイドみたいなのちの番組に関わる事によってオリジナルの方を見てない人にも新しく注目される効果があったり(そこで鎌田という話題のキャラを生んだり…笑)、玩具が再販されるなど盛り上がりのきっかけにもなりえますが、もしライダーシリーズではなく単独で終わってたらそのような事になっていなかったかもしれませんしね。それと同時に、ライダーの方もここまで続いてたかどうかもわかりませんしね。もちろん、単独で別番組としてやったら凄い当たってそれがシリーズになってライダーとは違う1つのジャンルとして一大勢力になった可能性だってありえますが、それはかなりの冒険でよっぽどうまく成功しないと難しいでしょうし、何にしても今ディケイドで龍騎だけでなく過去の全ライダーに再び注目が集まる事は個人的には歓迎したいところであります(昔のイメージ壊すな!という意見もあるかもしれませんがそれは仕方の無い事で、まあそれだけ盛り上がってるとも言えるでしょうし)。

そういえば、廉価版のレジェンドライダー変身ベルトシリーズが発売されていますが中でも龍騎のベルトVバックルは(元がシンプルだけに)一番出来が良いと評判のようですね。実際、劇中でもベルトよりもカードを入れるバイザーの方が重要でそっちに入れないと音声も出ませんし、ベルトの方は変身時にバックルを装填して音が鳴るのとカードを引き抜く時に音がするだけですから、最低そこを抑えてあれば良いわけですからね。

動画を見てみると、少なくとも変身音に限っては劇中と同じでちゃんとしてますし確かに廉価版にしては十分すぎるほどの出来では。


これならなりきれる!


しかも何故か低音555(というかカイザかオーガ?)の音も出せる(笑)



おっと、長々と書いて本題と外れてしまいました。このブログ的に言いたかったのは一言だけなんですけどね。
「ライダーマンにFR出来たら、弱くなるだけで意味が(以下略」
という心配をちょっとしてしまったものですからね(苦笑)。

確かに戦闘以外でアームを活用出来る場面だったら使い道はあるかもしれませんが、他のライダーでそれと似たような代用品(しかもライダーマンのよりも強力で便利だったり)が大抵はあったりしますし、電王が挑発用ライド中心だとしたらこっちはマゾ専用フォーム(あるいはあえて力を抑えての戦闘訓練用)になってしまうのだろうか(笑)。

そういえば電王にフォームライドしてもガワが変わっただけで戦闘センスは中の士に求められるわけで、特に誰でも発動するだけで大きな効果が出るような武装や特殊性能等のないライダーにFRしても結果的には単にガワが変わるだけになってしまうようなものなのでしょうかね。平成ライダーは大抵フォームチェンジや武装があったりしてチェンジするだけでも効果はありますが(電王だってちゃんとしたアタックライドがあれば普通に使えるのでしょうし)、例えばディケイドが1号にFR出来たとしても士が本郷並に技を使えなければガワが1号になっただけで中が本郷の1号ほど技が使えるようになるわけじゃないのでありましょうし、その辺がFRのポイントなのでしょうかね。それとも、1号になれば技が備わるのかなぁ?そうでもなければV3になっておけばいいだけでしょうし…2号になれば力が強くなるというのはありそうだからやっぱし1号になれば技のキレが良くなるのだろうか…う〜ん、想像で考えていたらキリが無いですな。まあそれが楽しいんですけどね(笑)。
posted by のびんさ at 15:46 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。