2009年06月20日

井上脚本のディケイド…

本筋から外れますが、旅行から帰ってきてやっと見た20話、21話の
井上脚本のディケイド…

案の定と言うか、想像通りに「やっちまった」でしたね。
正直、19話までの流れが台無し…響鬼後半騒ぎの再来?

ギャグが寒いとかは最初から想像していましたが一番許せなかったのは
学校のプレートを盗む話みたいなどうしようもない話を絡めて
そこから感動させたいような展開に持っていった点は個人的には閉口。

キバがあんなにヤバい出来だったんだから
ディケイドには登板しないと思っていたのに…

ディケイド世界の破壊者が井上脚本だったというオチで我慢するしか
ないんでしょうかね。
posted by のびんさ at 23:35 | TrackBack(0) | 弱いヒーロー雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。